前へ
次へ

一般の皮膚科と美容皮膚科の違い

肌のトラブルや悩みについて医師に相談したい時、一般の皮膚科と美容皮膚科のどちらを受診すれば良いのか迷ったことがあるのではないでしょうか。
両者の違いは、どのような目的で診療しているかという点です。
一般の皮膚科では、皮膚炎や湿疹といった皮膚の疾患の治療を目的とした診療を行っています。
これに対し、美容皮膚科では、シワやたるみの改善などのように、治療ではなく美容を目的としています。
以上のことから、どのような目的で医師に相談したいのかに応じて、両者を使い分けると良いでしょう。
ただし、美容皮膚科で受ける施術の多くは自由診療の扱いとなるため、健康保険などの医療保険が適用されず、全額を自己負担しなければならないことが珍しくありません。
そのため、例えばニキビの治療などのように、一般の皮膚科と美容皮膚科のどちらでも診てもらえる症状の場合には、一般の皮膚科を受診したほうが医療費を抑えられるというメリットがあります。

Page Top